トップ 差分 一覧 ping ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

「1394 接続」で高速通信


「1394 接続」で高速通信

WindowsXPで、ネットワーク接続の中に「1394 接続」というものを見たことがありませんか?これは、「IEEE1394」とか「FireWire」とか「I.LINK」とか呼ばれているポートを備えているPCがありますが、「1394 接続」は、PCがこのポートを備えている場合に出てきます。
IEEE1394(あいとりぷるいーいちさんきゅうよん、と読みます)はデジタルビデオ等のデジタルAV機器との接続や、IEEE1394対応の外付ハードディスクとの接続に使うことが多いですが、実はこれを使ってPC同士を接続すれば、LANで接続されているかのようにファイル転送等を行うことができます。しかも通常のLANよりも数倍速い速度で。
LANの通信速度は現時点では100Mbitが主流です。最近ではギガビットと呼ばれる1000Mbitのポートを持つPCも出てきていますが、ケーブルやハブ等がまだ割高で、これでLANを構築している方は少ないと思います。
それに比べ、このIEEE1394の通信速度は400Mbitが主流です。論理値でLANの4倍、ということになります。ですから、2台のPCを接続する場合、両方のPCがギガビットイーサネットのポートを備えていて、ケーブルもギガビットイーサネット対応のものを用意して、実際にギガビットで接続する場合でない限り、LANよりもIEEE1394で接続した方が速い、ということです。

せっかくこんな高速なポートがついているのに使わないのはもったいない!
というわけで、1394接続でWindowsXP搭載PC同士を接続するための設定や注意点について説明したいと思います。

あ、ちなみに。LANの知識や設定くらいは判っている、という前提で話を進めますのでそのつもりで。

設定方法

というわけでとりあえず接続ー。IEEE1494ケーブルで2つのPCをつないで…
はい、つながりません。
ま、いきなりは無理ですね。実はちょっと設定を変えなくてはならないのです。
コントロールパネル→ネットワーク接続→1394接続のプロパティ→インターネットプロトコルのプロパティを表示します。
すると、「IPアドレスを自動的に取得する」が選択されています。
これを「次のIPアドレスを使う」にして、きちんとIPアドレスを設定します。
当然ですが、既存のIPとはダブらないように。
両方のPCでこれをやって接続。お互いにpingが触れるようになったと思います。
そしたら、エクスプローラのアドレスに「\\TARGET-PC(相手PCの名前)」としてやれば、相手の共有フォルダが見れるはずです。
さらに、1394接続とローカルエリア接続等のLAN接続とをブリッジ接続をすることもできます。そうすれば、IEEE1394ポートに接続したPCからLAN上の別のPCを見ることも出来ます。また、そのLANがインターネットに接続していれば、インターネット接続も出来ます。その場合の通信速度は、当然ながらLANの速度に引きずられますので、100Mbitとかになってしまいます。

注意点

IPアドレスを設定する場合ですが、デフォルトゲートウェイは設定しないようにしましょう。これをすると、他のネットワーク接続経由での接続が正常にできなくなる場合があります。

{{comment_inline normal,Comment}}

最終更新時間:2005年07月23日 22時59分31秒