トップ 差分 一覧 ping ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

NetVolanteを設定する際の注意

NetVolanteを設定する際の注意

YAMAHAのルータNetVolante(ネットボランチ)でVPNの設定をしたのですが、そのときにハマった現象と対策について。
オレがハマったのはRT57iでしたが、多分どれも同じだと思います。

経緯と現象

既設ルータからのリプレイスだったのでまずは接続環境の確保、ということで真っ先にPPPoEの設定をしました。次にNetVolante自身のローカル側IPアドレスの変更。そしてVPNを設定。
PPPoEは何の問題もなく設定完了。
続いてVPNの接続確認をしたところ…つながらない。
ちょこちょこと設定を変えたりしても繋がりませんでした。

原因

PPPoEの設定をした時点で、ローカル側IPアドレスがあちこちの設定に書かれてしまう。
その後にIPアドレスを変えても既に書かれた設定を自動で書き換えてくれたりはしないので、あちこちで不整合が発生してしまう。

対処

結局、NetVolanteを工場出荷時に戻して、それからローカル側IPアドレス設定→PPPoE設定→VPN設定の順に設定したところ、嘘のようにすんなりと繋がりました。

所感

まあ考えてみれば当たり前のことなんだけど。
しかももしかしたらすごい既出な話かも知れないし。
リプレイスじゃなければ当然この順序で設定してただろうから、何の問題もなかったんだろうし。
しかし最近M$の超簡単超親切な環境にどっぷりだったのでちょっと油断しちゃいましたょ。


{{comment_inline normal,Comment}}

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://blackhair.biz/tb.cgi/NetVolante%A4%F2%C0%DF%C4%EA%A4%B9%A4%EB%BA%DD%A4%CE%C3%ED%B0%D5

最終更新時間:2004年07月30日 23時31分46秒