トップ 差分 一覧 ping ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

VAIO PCG-U1のSSD化・その2


VAIO PCG-U1のSSD化・その2

先日SSD化したVAIO PCG-U1ですが。
「デバイス マネージャ」で「プライマリ IDE チャネル」のプロパティの「詳細設定」タブで「現在の転送モード」を確認してみたところ、「ウルトラ DMA モード 2」になっていました。
しかしTranscend TS16GCF300のサイトを見ると、「Ultra DMAモード0-5に対応」となっています。
CF自体はUDMA5で動作するのに、何らかの原因でUDMA2で動作しているようです。
せっかくだからUMDA5で動作させよう、ということでBIOSで設定を変更してみました。

VAIO PCG-U1電源投入時にF2キーを押下してBIOS設定画面を開き、「Advanced」→「Primary IDE Adapter」の設定を開きます。
ここで見ると、確かに「Ultra DMA Mode」が「Mode 2」になっています。
どうやらこれが原因のようです。
「Type」が「Auto」の状態では「Ultra DMA Mode」を変更することが出来ないので「User」に変更します。
そして「Ultra DMA Mode」を「Mode 5」に変更。
ついでに「32 Bit I/O」を「Enabled」に、「Transfer Mode」を「FPIO 4 / DMA 2」に変更。
「Exit (Save Changes)」を選んで変更内容を保存して終了。

Windows XP起動後、同様にデバイス マネージャで確認したところ、ちゃんと「ウルトラ DMA モード 5」になっていました。

参考までに、UDMAの設定変更前と変更後のFDBENCHによるベンチマーク結果を記載しておきます。

ウルトラ DMA モード 2

***** FDBENCH Ver 1.02 (C)2003-2007 ep82kazu *****
Drive C:\
Drive Size 100MB

 Disk  Read Write  RRead RWrite (KByte/s)
16998 24933 15375  23021   4664

 Copy    2k   32k  256k    1MB (Operations/min) 
 2149  3408  2244  1770   1176

 Copy    2k   32k  256k    1MB (Kbyte/Sec) 
 4907    76   805  5102  13646

ウルトラ DMA モード 5

***** FDBENCH Ver 1.02 (C)2003-2007 ep82kazu *****
Drive C:\
Drive Size 100MB

 Disk  Read Write  RRead RWrite (KByte/s)
26327 44061 16253  40235   4760

 Copy    2k   32k  256k    1MB (Operations/min) 
 2215  3390  2232  1890   1350

 Copy    2k   32k  256k    1MB (Kbyte/Sec) 
 5485    75   801  543   15621

読み込み関連の項目で大幅な改善が見られます。
なお、起動時間は改善しませんでした。
どうやら起動時間にはディスクアクセス以外の要因も大きく関わっているようです。

最終更新時間:2009年01月17日 21時20分00秒