トップ 差分 一覧 ping ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

news/2005-4-7

DVDの寿命は何年?

「CDやDVDはデジタルな媒体だから半永久的に劣化しない」と漠然と考えている人って多いのではないでしょうか?デジタル、というかデータそのものは論理的なもので実体のないものですから、それ自体は半永久どころか永久に劣化しません。が、実体のないものは当然ながらこの世に一瞬たりとも存在することはできません。ですから、データは常に物理的なものに「寄生」することで存在しています。例えば磁性体だったり、半導体だったり。生物の記憶というものも突き詰めれば物質に他なりませんから、やはり物理的なものです。

CDやDVDのデータは、銀色のディスクに穿たれたピットと呼ばれる穴の形で存在しています。ピットにレーザーを当てることでデータを取り出します。ディスクは樹脂でコーティングされていますし、そもそもレーザーによる非接触の読み取りですから、確かにピットは半永久的に存在し続けます。つまり、データも半永久的に存在できます。
が、そのピットが穿たれているディスクは、少しずつですが確実に経年劣化します。また、コーティングの樹脂も経年劣化します。その速度は確かに決して早くはありませんが、温度や湿度、紫外線や酸素との接触による酸化や腐敗等が劣化の原因ですから、保存環境によって劣化の速度は影響を受けます。人間の生活環境と同じ環境で保管されることを考えると、温度も湿度もそれほど低くはなく、また日光にも酸素にもそれなりに晒されることになります。人間の生活環境は、劣化を早めることにはなっても、遅らせる要素は少ないと言えます。

それでも、データが全く読み出せなくなる程に劣化が進むとなると、この記事にあるように相当な年月が必要です。そう考えると、やはりデジタルな媒体はデータを長期間固定するのに向いているでしょうか。

デジタルな媒体と言っても、所詮は物質です。固定方法が物理法則に依存している以上、そこからデータを取り出す方法も物理法則の影響を受けざるを得ません。例えばCDやDVDならば、ディスクやコーティング樹脂の劣化により、レーザーが減衰したり、正しい反射角でレーザーを反射できなくなったりします。そうすると、本来デジタルであるはずのデータをあいまいなものとしてしか読み取れなくなったり、データが欠落したりします。だから、CDやDVDにはそういった読み取りエラーを補正する機構が備わっているのですが、その機構はそれほど強力なものではありません。媒体が劣化すると、データの取り出しに時間がかかったり、実際とは異なるデータとして認識したりしてしまいます。実際、音楽CDを水で濡らし、傷をつけないように注意して拭き取ってから再生すると、音が綺麗になります。これはディスク面の汚れによってレーザーが正しく反射されず、実際とは異なるデータとして認識したり、データが欠落してしまうからです(検証は自己責任で行ってください)。
このように劣化はデジタル媒体であっても、緩やかに、しかし確実に、そして劣化の度合いに応じてアナログに進行します。

このように「デジタル」と言っても、物質に寄生したデータを時間から解脱させてくれるものでは決してありません。それどころか、むしろアナログ媒体の方がデータを長期間固定するのに向いているのではないかと思います。例えば、紀元前に書かれた書物や絵画は、長い年月を経て現在に残っています。しかし、残念ながら我々のCDやDVDは、たった数十年先ですらその存在を伝えることはできないのですから。
{{comment_inline normal,Comment}}

切断された指で指紋認証が破られる

実に恐ろしい事件です (((( ;゚Д゚)))
個人的にはバイオメトリクスってセキュリティ性はそれほど高くないように思いますし、こういうリスクは最初から容易に想像できたことだと思います。掌の静脈を見るものもありますが、手首からぶった切ればいいことですし。網膜認証の場合、目玉をくりぬくのは流石に大変そうですが。
それにバイオメトリクスと言っても、別に生体組織であることを過不足なく確認できるわけではありません。結局はセンサーを使って調べるわけですから、センサーを騙すことさえできれば、必ずしも実物の指や手や網膜である必要はありません。
もともと「特定個人であることを過不足なく確認する」ということは相当難しいことです。例えDNAを鑑定しても本人だとは断定できません。だって、双子は同じDNAを持っているわけですから。
できるだけ低コストで個人認証を行う方法を模索することが今後の重要な課題といえるでしょう。

  • アクセサリの盗難と同じですね。肌身離さず身につけてても指ごととか腕ごと切断されたらどうしようもないですしね。指紋認証って血が流れてなくてもいけるんですねえ。 - あすた (2005年04月08日 21時23分57秒)
  • まず、最低限生体でないと認証できない技術を確立し、その上で生体でなくても認証できる技術を排除し、さらにそのような現状を広く一般に周知徹底する必要があるでしょうね。 - カゲツ (2005年04月09日 03時11分29秒)

{{comment_inline normal,Comment}}

最終更新時間:2005年04月07日 22時36分37秒